ただのみょみょぶろぐ

アメリカ生活、英語学習、発達障害、ゲームなどなど。

スポンサーリンク

洋書多読

【読書記録】二人の演劇少女の物語『POSITIVELY izzy』

アメリカのグラフィックノベル作家、Terri Libenson さんの作品「POSITIVELY izzy」を読みました。 Terri Libensonさんはアメリカで人気の児童作家です。Emmie & Friends シリーズが子どもたちに人気です。 そのシリーズの一冊である「POSITIVELY izzy」がと…

【読書記録】HOLESの続編!SACHAR『SMALL STEPS』

洋書多読に取り組む日本人に人気のある作家、LOUIS SACHARさんの『SMALL STEPS』を読みました。この本は、『HOLES』の続編です。HOLESに出てきたキャラクターのその後をのぞき見ることができました。 今回は、SMALL STEPSについて、感想などまとめます。 『S…

【読書記録】 洋書多読初心者定番の一冊!LOIS LOWRY『THE GIVER』

洋書で英語学習している人に大人気の「The Giver」を読み終えました。 この本はディストピアSF児童文学だそうで、今まで読んだことのないジャンルの洋書です。重々しい表紙からなんとなく難しそうな雰囲気が漂っていて、わたしは「The Giver」を最後まで読み…

【読書記録】顔に障害のある少年と周囲の人の成長物語『Wonder』

R.J.Palacioさんの「Wonder」を読みました。 「Wonder」はとても有名なアメリカの児童書で、本屋に行くたびに目につくところに置かれており、わたしが長いこと気になっていた本でした。 世界中で読まれる大人気作の「Wonder」について、感想や難易度などまと…

【読書記録】演劇部女子の青春ストーリー『DRAMA』

Raina Telgemeierさんの『DRAMA』を読みました。Rainaさんは、アメリカの漫画家・グラフィックノベル作家であり、子どもたちにとても人気があります。私は今までに、彼女の作品である『Smile』や『Sister』、『Ghost』、そして『Guts』を読んできましたが、…

【読書記録】引っ越しと姉妹とお化けと生きること『GHOSTS』

Raina Telgemeierさんの『GHOSTS』を読んだので、紹介します。Rainaさんはアメリカの子どもに大人気の漫画家・グラフィックノベル作家です。私は今までに、彼女の作品である『Smile』や『Sister』、そして『Guts』を読んできましたが、今回は『Ghost』に挑戦…

【読書記録】天才少女の苦労にほろり…『Someday Angeline』

ルイス・サッカーさんの『Someday Angeline』を読みました。 ルイス・サッカー氏の作品は、洋書の多読に取り組む日本人に大人気です。わたしも既に『Hole』や『There's a Boy in the Girls' Bathroom』を読んでいます。 今回は、『Someday Angeline』の感想…

【読書記録】思春期とストレスと腹痛と…Raina『Guts』

人気のグラフィックノベル作家、Raina Telgemeierさんの最新作である『Guts』を読みました。 作者の体験談をもとに書かれた『Guts』はとてもリアルで、思春期の頃の難しさを思い出させてくれました。今回は、この『Guts』について、紹介していきます。 『Gut…

【読書記録】少女が母を求める旅に出て…『Walk Two Moons』

久々に、ボリュームのある洋書を読破できました。今回読んだのは、Sharon Creechさんの『Walk Two Moon』です。 以前読んだCreechさんの『Absolutely Normal Chaos』がとても面白かったので、この本はぜひ読みたいと購入したまま、2年くらい本棚で熟成させて…

オンライン英会話をやめたら文法学習と洋書の読書がはかどっている件

新型コロナウイルスの影響で、家の中の状況が大きく変化しています。その中で私は、オンライン英会話を一時的に休んでいる状態です。 定期的にレッスンを受けられる状況ができたらオンライン英会話を再開するつもりですが、休んでいることで、良いこともある…

英文法書「Grammar in Use」で真剣に学びはじめた話

たくさんのオンライン英会話で無料体験レッスンを受け、レベルチェックを数社で受けていくうちに、どうやら私は文法が弱いらしいと気付きはじめました。 そこで、買ったまま放置していた「Grammar in Use」にとうとう手を付ける決心をしました。こちらはCAMB…

多読・洋書絵本『There Is a Bird on Your Head!』

幼児が手に取るのにぴったりのかわいらしくてわかりやすい素敵な絵本、『There Is a Bird on Your Head!』を紹介します!こちらはアメリカで大人気の絵本作家、Mo Willemsさんの作品で、An Elephant & Piggie Book シリーズの中の1冊です。文法的にも非常に…

【読書記録】姉妹って難しい!Raina Telgemeier『Sisters』

先日Raina Telgemeierさんの『Smile』を紹介しましたが、今日は彼女の別の本『Sisters』を紹介してみます。こちらも作者Rainaさんのリアルな子供時代のお話で、兄弟姉妹の関係は難しいよねえと共感しながら読み終えました。本日は『Sisters』の難易度や感想…

多読・洋書絵本『Pete the Cat a pet for Pete』

今日は『Pete the Cat』シリーズの「a Pet fot Pete」という本を紹介します。こちらは I Can Read!シリーズの「My First」レベルの本で、お子さま向けのとっても簡単な絵本です。この『Pete the Cat a pet for Pete』 について、難易度や感想などをお伝えし…

多読・洋書絵本『Pete the Cat and the bad banana』

I Can Read!シリーズの「My First」レベルの本である『Pete the Cat and the bad banana』を紹介します。この本は、絵本を手に取り始めたばかりのお子さまにぴったりな、かわいらしい猫のペーパーバックです。私は渡米した当初この本を手に入れて、まだ小さ…

洋書初心者が英語学習用に洋書を選ぶときいちばんに大切なことは?

// 好きな海外の小説をいつかは原書で読んでみたい方や、洋書を使って楽しみながら英語学習をしたい方、きっとたくさんいると思います。でも、いざ洋書を読もうとしたときに、どの本を選べばいいのか、自分の英語力できちんと読み通すことができるのか等、不…

【読書記録】気軽に読めて胸に残る思春期MANGA『Smile』

今日は、アメリカのどこの本屋にも売られている人気漫画、『Smile』をご紹介します。シンプルでかわいらしい表紙から気軽に笑える本なのかと想像しましたが、読んでみると想像を裏切られました。作者のRaina Telgemeierさんの実体験をもとにした思春期ストー…

【読書記録】児童書『Heidi Heckelbeck and the Cookie contest』

今回私が紹介するのは、洋書『Heidi Heckelbeck and the Cookie contest』です。本屋で、「小学校低学年の女子向けの本を教えてください」と聞いて選んでもらいました。小学生の女の子の日常を描いたこの本について、感想や読みやすさなどをまとめていきます…

多読・洋書絵本『Harry and the Lady Next Door』

今日は、I Can Read!シリーズのレベル1、『Harry and the Lady Next Door』を紹介します。この本は、「ハリーとうたうおとなりさん」というタイトルで、日本語に翻訳されている絵本です。英語の難易度やおすすめ度などをまとめていきます。 『Harry and the…

【読書記録】TOEIC600点でも!自閉の子が主人公『RAIN REIGN』

児童書売り場で偶然見かけて、表紙の雰囲気に惹かれて手に取ってみた『RAIN REIGN』について紹介します。この本は、アメリカの新聞社であるNew York Timesの Best Sellerとして選ばれている人気の本です。主人公は、小学5年生の高機能自閉症を持った女の子で…

多読・洋書絵本『Amelia Bedelia Hits the Trail』

今日は、I can read!シリーズの『Amelia Bedelia Hits the Trail』をご紹介します!こちらの本は、アメリア・べデリアの子どもの頃のお話で、とても簡単な英語で書かれています。 『Amelia Bedelia Hits the Trail』の概要 『Amelia Bedelia Hits the Trail…

簡単なのに完読できずにいた人気の児童書『A to Z Mysteries the Absent Author』

アメリカに渡って来て間もないころ、本屋で見かけて「これなら読めそう!」と購入した、A to Z Mysteriesシリーズの第1巻、『 the Absent Author』を、先日やっと読み終えました。日本では英語の多読用図書として人気のあるこの本について、難易度や感想など…

教科書「お手紙」でおなじみのかえるくんとがまくんの絵本『Days With Frog and Toad』

私が小学生だったころ、国語の教科書には、かえるくんとがまくんの登場する『お手紙』という物語が載っていました。娘の教科書にも『お手紙』は変わらず載っていて、がまくんたちは時代を超えて愛されているようです。 アメリカの本屋で、かえるくんとがまく…

面白い洋書の絵本『Amelia Bedelia』

アメリカに移住したばかりのころ、子どもたちと一緒にたくさんの英語の絵本を読みました。その中で、うちの子どもたちがとても気に入っていたのが、Amelia Bedeliaシリーズです。お手伝いさんとして雇われている主人公のアメリア・べデリアのが、様々な勘違…

【読書記録】TOEIC600点台でぎりぎり!?洋書『HOLES』

「洋書」、「英語学習」で検索をかけたときに、よく記事で見かけていたのが、Louis Sacharの『Holes』です。「洋書初心者向けのペーパーバック」と言われたり、「意外と難易度が高い」と言われたりと評価はさまざまなHoleですが、TOEIC600点台の私でも読める…

【読書記録】TOEIC600点台でOK!洋書『Absolutely Normal Chaos』

今回は、タイトルに釣られて選んだ『Absolutely Normal Chaos』 についてまとめてみます。強引に日本語に訳すと『めっちゃ普通のカオス』って感じでしょうか?よく意味が分かりません(笑) この本は、アメリカ人の児童文学作家であるSharon Creech(シャロ…

【読書記録】TOEIC600点台でラクラク!洋書『There's a Boy in the Girls Bathroom』

この『There's a Boy in the Girls Bathroom』 は、アメリカで人気の児童作家、Louis Sachar(ルイス・サッカー)の作品で、日本語に翻訳もされています(『トイレまちがえちゃった!』講談社)。それなりにページ数のあるペーパーバックの中では読みやすい…

【読書記録】TOEIC600点台ですいすい!洋書『Sixth Grade Secrets』

『Hole』や『There's a Boy in the Girls' Bathroom 』などで有名なアメリカの作家、ルイス・サッカーの作品である『Sixth Grade Secrets』 を先日読み終えたところです。児童書といえ洋書を一冊読み終えると、なかなかの達成感があります。さて今日は、この…

【読書記録】TOEIC500点台で完読!洋書『Harry Potter and the Cursed Child』

ハリーポッターシリーズが大好きで、ぜひとも原作にチャレンジしたいとお考えの方も少なくないと思います。私は、シリーズの最新刊である『Harry Potter and the Cursed Child』を洋書でなんとか読破することができました。英語学習中のつたない能力で問題な…