ただのみょみょBLOG

アラフォー渡米、発達障害児の母である、ただのみょみょのただのブログです。

【読書記録】TOEIC600点台でOK!洋書『Absolutely Normal Chaos』

f:id:tadanomyomyo1:20180915112539j:plain

今回は、タイトルに釣られて選んだ『Absolutely Normal Chaos』 についてまとめてみます。強引に日本語に訳すと『めっちゃ普通のカオス』って感じでしょうか?よく意味が分かりません(笑)

この本は、アメリカ人の児童文学作家であるSharon Creech(シャロン・クリ-チ)によって書かれました。彼女の作品は、『めぐりめぐる月(Walk Two Moons)』など、何冊か日本語に翻訳されています。

『Absolutely Normal Chaos』の概要

タイトル:Absolutely Normal Chaos

著者:Sharon Creech

出版社: HarperCollins

対象年齢:9歳以上

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Absolutely Normal Chaos ABSOLUTELY NORMAL CHAOS (Walk Two Moons) [ Sharon Creech ]
価格:1166円(税込、送料無料) (2018/9/20時点)

 

 

『Absolutely Normal Chaos』の難易度

この本は、『There's a Boy in the Girls Bathroom』よりは少々文章が分かりにくいと感じましたが、TOEIC600点台でも十分理解できました。そして、とても楽しく読むことができました。

内容は、主人公のメリー・ロウが書いた夏休みの日記です。日付とともに、その日の出来事が順番に記述されています。日付ごとにとても細かく区切られているので、少しずつ読むのにも便利だと思います。また、少女のリアルな感情が存分にぶちまけてあって、見ていて思わずニヤニヤしてしまいます。

『Absolutely Normal Chaos』の感想

主人公、メリー・ロウは13歳です。5人兄弟の2番目で、父と母含め7人暮らし。狭い家で暮らしていますが、夏休み中、いとこのカール・レイ(17歳男子)がメリー・ロウの家に居候することになります。そうでなくとも狭い家にさらに一人加わって、メリー・ロウは不満でいっぱいです。

序盤の日記は、主人公の家族や友人への愚痴・不満・嫉妬などにあふれています。なかなかリアルで面白いです。友人に彼氏ができて嫉妬に狂ったり、自分にも恋人ができて天に舞い上がったり。メリー・ロウの正直な言葉がかわいらしく感じます。

そうこうするうちに、後半ではカール・レイの秘密が徐々に姿を現します。急展開に引き込まれて、後半はかなりのスピードで読破しました。

『Absolutely Normal Chaos』はこんな人におすすめ

  • 人の日記をのぞき込むのが好きな方(笑)
  • 愚痴を楽しんで読める方(笑)
  • 思春期の生き生きした感情を楽しみたい方

この本の全般は、不機嫌な主人公の愚痴がつらつらと記されていますので、人によってはそれが不快に感じられるかもしれません。生々しくて、私はとても好きだったのですが、好みが別れる部分だとも思います。もし自分に合いそうだなと思った場合には、ぜひ試してみてください。

 こちらの記事もおすすめ

www.tadanomyomyo.net