ただのみょみょBLOG

アラフォー渡米、発達障害児の母である、ただのみょみょのただのブログです。

多読・洋書絵本『Pete the Cat a pet for Pete』

f:id:tadanomyomyo1:20181027020336j:plain

今日は『Pete the Cat』シリーズの「a Pet fot Pete」という本を紹介します。こちらは I Can Read!シリーズの「My First」レベルの本で、お子さま向けのとっても簡単な絵本です。この『Pete the Cat a pet for Pete』 について、難易度や感想などをお伝えしていきます。

『Pete the Cat a pet for Pete』の詳細

タイトル:Pete the Cat  a pet for Pete

著者:James Dean

出版社:Harper


 

『Pete the Cat a pet for Pete』の難易度

この本は、I can read!シリーズの「My First Reading」レベルです。公式サイトには「基本的な言葉の繰り返しと気軽なイラストで、読書を始めたばかりの読者に理想的に伝わる本」ということです。英語を覚えはじめたお子さんが、Peteのお話を楽しみながら、新しい言葉を少しずつ定着させていくのにちょうど良い内容だと思います。

Pete is going to the pet store. He is going to get a pet. Pete wants a bird, a hamster, or a lizard.

最初のページを引用してみましたが、こんな感じで、文法的には中学1年の教科書と同レベルです。本当に基本中の基本的な文法で内容が構成されている感じです。この本については、語彙もシンプルなものばかりでした。

Pete the Cat a pet for Pete』の感想

Peteはペットが欲しくてショップへ行き、金魚を選びました。金魚は一緒に遊ぶことのできないペットなので、Peteは金魚の絵を描いて楽しみました。その金魚の絵を友人にプレゼントすると、ほかの友人も同じ絵が欲しいと言います。Peteは頼まれるたびに金魚の絵を描くのですが・・・。

Peteの本はストーリー展開がびっくりする方向に行きがちで、それが面白いです。そこまで行きつくのか!!といったちょっとした驚きがありました。簡単で深みのあるお話ではないのですが、読んでいてワクワク楽しくなれる絵本です。

それと、私は癖の強めのイラストがかなり気に入っています。無表情な猫たちが妙にかわいいのです。色使いもカラフルでキュートです。

『Pete the Cat a pet for Pete』はどんな人におすすめ?

  • Peteのイラストが好きな方
  • 小さなお子さまに英語の絵本を与えたい方

32ページの本で、1ページに1文か2文しか入っていない、文字のスカスカな絵本です。小さなお子さまに英語に興味を持たせる第一歩として、この本はとても魅力的です。

Peteのイラストは独特でかわいいので、この世界観がはまる方にはきっと楽しめるはずです。

 

こちらの記事もおすすめ

www.tadanomyomyo.net