ただのみょみょBLOG

アラフォー渡米、発達障害児の母である、ただのみょみょのただのブログです。

人狼ジャッジメントでエピソード人狼を!ネタ部屋のエピ村を徹底解説

最近大人気のスマホアプリゲーム、人狼ジャッジメントにドはまりしている私です。普通の人狼ゲームとしての遊び方だけでなく、特別ルールで遊べる部屋もたくさんある人狼Jですが、今日は『エピソード人狼』について、部屋(村)の作り方や遊び方をまとめてみます。エピソード村は、人狼ゲーム特有の考察や殴りなどが苦手で初日吊りばかりされてしまう初心者でも気軽に楽しめるので、とってもおすすめです。

 

エピソード人狼とは

エピソード人狼とは、参加者がそれぞれお題に合ったエピソードを披露し、そのエピソード内容から「市民」なのか「人狼」なのかを探っていくゲームになります。

市民側は出されたお題に対して本当のことを答えます人狼側はお題に対してウソを答えます。うそをついている人を探していくことで狼を見つけるのが、エピソード人狼なのです。

例えば、お題が「好きな食べ物は?」の時、市民陣営の参加者は、本当に自分の好きな食べ物を答えます。逆に人狼になった場合には、嫌いな食べ物を、まるで本当に好きであるように答えます。狼は、上手にうそをつくことが、このゲームで勝ち残るための方法なのです。

エピソード人狼村の作り方

では実際に、人狼ジャッジメントでエピソード人狼をする場合、どんな配役の村を作ればいいのか、具体的に見ていきましょう。

エピソード村にほどよい参加人数

私が体験したことのあるエピソード村は、7人から10人の間が多かったです。さくさく終わるので7人村なら気軽に参加できますし、10人くらいまでならちょうどよいかと思います。

エピソード村によい配役

  人狼 市民 その他役職
7人村 2 5  
8人村 2 5~6 入れてもOK
9人村 2 5~7 入れてもOK
10人村 2 5~8 入れてもOK

7~10人程度の村には、人狼は2人くらいでちょうどよいでしょう。また、その他の役職を追加することで、ゲームをより多彩に面白くすることができます。

追加したら面白い役職

  • パン屋:お題係&進行役、または初日だけお題係で翌日からはお題係を指定
  • てるてる坊主:吊られたら勝ちなので、ウソを言いがち。狼を隠す機能
  • 病人:病人を噛むと狼は翌日市民を噛めなくなる、狼が不利に

人狼ジャッジメントのさまざまな役職は、使い方次第でエピソード人狼をより面白くすることができます。

入れないほうがいい役職

  • 占い師:エピソードから人狼を探すのが楽しいので、占いは必要なし
  • 霊能者:普通の村ではないので必要なし

参加者から出されたエピソードをわいわい分析しながら進めるのが、エピソード人狼の面白いところです。普通の人狼ゲームのように占い師や霊能者からの情報があると、エピソードを分析する楽しみが自体が減ってしまいます

エピソード人狼の進め方

人狼ジャッジメントで行うエピソード人狼の流れを見ていきましょう。

1.お題を設定

初日は部屋主かパン屋がお題を出す係になることが多いです。翌日からのお題については、パン屋が出し続ける村と、参加者からお題を出す人を決める場合と、いろいろあります。

お題を出す係になった人は、「好きな食べ物とそれに関するエピソードを」、「のこり200秒までに提出」のように、お題と提出する時間を指定します。

2.指定時間までにお題についてのエピソードを書く

参加者は、指定された時間までにお題についての内容を書きます。そして、指定時間ぴったりに、自分の回答を提出します。



3.それぞれのエピソードをもとに人狼探し

参加者のエピソードが出そろったら、「ウソ」をついていると思われる人を探します。投票時間までは、質問をしたり答えたりしながら、どの人が狼なのか目星をつけていきます。

4.人狼だと思う人に投票

投票時間には、市民(村)側はウソをついていると思う人に投票します。

エピソード村ごとの違い・個性

f:id:tadanomyomyo1:20181207015536p:plain

自由投票or進行が投票先の決定

エピソード人狼の進行において、大きく結果を左右するのが「自由投票か進行を決めるか」というポイントです。

自由投票のメリット・デメリット

  •  自分の怪しんだ人に投票できて楽しい ◎
  • 進行役を立てる必要がない ◎
  • 票がバラけて結局ランダムで吊られることが多い ×

気軽に楽しむなら自由投票がおすすめです。市民側に進行役を作る必要がないので、最小限の人数で楽しむことができます。ただ票割れは避けられないので、結局ランダムで吊られてしまうところがデメリットとなります。

進行を決めるメリット・デメリット

  • 進行役を立てる必要あり(パン屋を進行にすることが多い) △
  • 進行役は村確定なので、エピソードを披露しても楽しめない ×
  • 市民側は票をそろえて人狼を吊りやすい ◎

進行役を立てる一番のメリットは、怪しい人を絞って吊りやすいところです。エピソード人狼は「2票入った人が4人」なんてことも頻繁で、結局運ゲーになりがちです。それを回避するには進行役を立てるのがよいでしょう。ただ、進行は市民側確定なので、自分のエピソードを疑ってもらう楽しみやスリルを味わうことができません。

お題を出す人を誰にするか

エピソード人狼をするには、お題を出す人が必要になります。

  • 初日は部屋主→翌日からは投票が2番目に多かった人

といった感じで、お題を出す人をリレーしていく村が多いです。または、

  • パン屋が進行役&お題を出す係

と固定される場合もあります。

エピソード人狼向きのお題の例

 

f:id:tadanomyomyo1:20181207022856p:plain

  • 好きな食べ物
  • 好きな飲み物
  • 好きな野菜
  • 好きなおにぎりの具
  • 好きな動物
  • 好きな教科
  • 好きなスポーツ
  • 好きな映画
  • 趣味
  • 人狼ジャッジメントの好きなキャラクター
  • 人狼ジャッジメントの好きな役職
  • 子供のころの夢
  • 最近のうれしかったこと

などなど。。。意外と誰でもまんべんなく答えられる質問って、食べ物や教科、趣味あたりなのかと感じました。私の場合、テレビをまるで見ない生活を送っているので「好きなテレビ番組」や「好きな俳優」などと言われると詰んでしまいがちなのです。また、私はYoutubeをよく見ているのですが、まったくToutubeを見ない参加者が困っていることもありました。見知らぬ人同士でゲームが成立するためのお題選びは、思いのほか難しいのかな、と感じています。

人狼ジャッジメント内で実施するエピソード人狼なので、「人狼ジャッジメントの好きなキャラ・好きな役職」あたりはだれでも答えやすい良い質問ですね。

まとめ

ここまで、人狼ジャッジメントで行うエピソード人狼についてまとめてみました。よかったら、エピソード村を楽しむ際の参考にしてください。