ただのみょみょBLOG

アメリカ生活、英語学習、発達障害、ゲームなどなど。

どうしてフィリピン人はみな英語を話せるか?フィリピンの英語教育

f:id:tadanomyomyo1:20190424114010p:plain

オンライン英会話の講師は、フィリピン人がとても多いです。非ネイティブ系のオンライン英会話だと、フィリピン人講師の比率は圧倒的に高くなっています。なぜフィリピンに英語教師が集中しているのか、私は気になっていました。

本日のオンライン英会話レアジョブでのレッスン中、自国の英語教育の話題が出てきました。そこで私は、講師からフィリピンの英語教育事情を聞き、かなりの衝撃を受けました。本日は、なぜフィリピン人は英語が得意なのか、フィリピンの語学教育はどのようになっているのかを書いていきます。

講師から聞いたフィリピンの英語教育のこと

f:id:tadanomyomyo1:20190501095446p:plain

学校では基本英語で会話・英語で授業

フィリピンでは、小学校から英語教育がスタートします。特徴的なのが、「国語であるフィリピン語の授業以外はすべて英語で授業を行う」こと。英語が分からないと何も学べません。このような教育方法で、フィリピン人は徹底して英語を学ぶことになります。

フィリピン語の授業中だけは英語を使用しない

上で書いた通り、フィリピン語の授業だけは英語を使用しません。フィリピン語はフィリピンの国語に当たる教科です。

そもそもフィリピンでは何語を使っているのか?

f:id:tadanomyomyo1:20190501095632p:plain

公用語は英語とフィリピン語

レアジョブの先生から「フィリピンの学校で習うのはフィリピン語と英語。普段はそれらの言葉を半々くらいずつ使っている。」と聞いていました。お子さんとの日常会話も普通に英語で行っているのが、先生との雑談からも伺えました。

フィリピンの公用語は、フィリピン語英語の2つです。

フィリピンには110もの言語があった!

ところで、フィリピンにはなんと110もの言語が存在しているそうです。日本人の感覚からは想像しがたいのですが、もともとフィリピンでは国内全員が共通して使っている言葉がなかったそうです。

フィリピンで使われている言語のうち主要なものは、タガログ語セブアノ語イロカノ語イロンゴ語ビコール語ワライ語カパンパガン語パンガシナ語の8つとなります。

国語として作られたフィリピン語はタガログ語がベース

フィリピン国民皆が利用する英語以外の言語を決めようということで、フィリピン語が作られました。フィリピン語は、フィリピン内でいちばん使用人口の多いタガログ語がベースになっています。

名前をそのまま「タガログ語」とせずフィリピン語にしたのは、他の言語を使用している人々からの不満を回避するためらしいです。

なお、タガログ語を使用する地域以外では、フィリピン語よりも英語の方がより国民に浸透している状況だそうです。

英語教育の浸透は植民地時代の名残り

英語教育がフィリピン内でなぜこれほど盛んなのかというと、これは植民地時代の影響です。

フィリピンは、1500年代の半ばからスペインの、1800年代終盤からはアメリカの植民地になっていました。アメリカの植民地時代に、国民に広く英語教育が普及しました。

まとめ

ここまで、レアジョブの講師から聞いた話と、そこから私が調べたフィリピンの英語教育事情、そしてフィリピン内の言語事情を簡単にまとめました。

日本では当然のように日本語を使用しているので、国内に多数の言語が入り乱れている状況は想像もできませんでした。国内で違った言語を持つ者同士が共通に使える言葉として英語があること、そして英語が根付いているのは植民地時代の影響が大きいことが分かり、ちょっと複雑な思いです。

私が調べた範囲の内容ですが、間違い等ありましたらお詫び申し上げます。記述にミスがありましたら、ご連絡いただければ幸いです。

www.tadanomyomyo.net