ただのみょみょBLOG

アメリカ生活、英語学習、発達障害、ゲームなどなど。

スポンサーリンク

使用歴5年の私がグーグル翻訳の精度向上について語ってみよう

f:id:tadanomyomyo1:20190522000356p:plain

私は5年間アメリカ暮らしをしています。暮らしの中で必要に迫られて、たびたび翻訳ソフトを使用してきました。

5年前には、Google翻訳の作る文章は意味不明でとてもひどいものだったので、基本Weblio翻訳ばかり使用していましたが、最近はグーグル翻訳がかなり正確な文章を作るようになったなあと感じます。

この記事では、グーグル翻訳の進化について、私の感じていることを書いてみようと思います。

2016年頃、Google翻訳が進化したらしい

f:id:tadanomyomyo1:20190522013310p:plain

正直なところ、私は5年前に、グーグル翻訳に見切りをつけていました

「使い物にならない!」と。

それで、グーグル翻訳にはほとんどアクセスせずにいたのです。

しかし1年前くらいに、娘がグーグル翻訳を使って遊んでいるのを目にして、「あれれれれ?」と思ったのです。

Google翻訳で、きちんと翻訳できているっぽく見える!!!!

それでちょっと調べてみたところ、下のようなことが起こっていました。

japan.googleblog.com

ニューラルネットに基づく機械翻訳 (Neural Machine Translation) の導入で、さらに進化しました。

と説明されていましたが、正直理解できません。まあよくわからないけれど、とにかくシステムを作り直して、より正確な翻訳ができるようになったみたいです。

仕組みのことはまるでわからない私でも、翻訳の結果が明らかによくなったことだけはわかりました。

昔、グーグル翻訳のせいで困った体験

f:id:tadanomyomyo1:20190522013705p:plain

では、Google翻訳にまつわるトラブル体験談を披露しましょう!

親切心でGoogle翻訳してもらった算数の文章題が。。

アメリカに来たばかりの娘は、当時小学4年生でした。英語が全く分からずとても苦労していた娘ですが、算数なら言葉が分からなくても数字で理解できるので、他の教科よりは授業についていくことができていました。

しかし苦労していたのが文章問題。数字だけで表現されていればわかるけれど、英語で言われても娘には理解できなかったようです。

そこで算数担当の先生は、2014年当時のGoogle翻訳を使用し、文章問題を日本語化してくださいました

 その日本語文が、????????!!!!!!!!???!?!状態。娘は異常な日本語の文章を見て、とても混乱したそうです。英語が分からないことよりも、意味不明な日本語を差し出される方が娘にとってきつかっただろうなあ。。

そこで先生は、「日本語に翻訳したのにどうして理解できないの?」と困惑していたそうで。。。

先生の善意が、Google翻訳の無能さのせいで空回りしてしまった事例です。

私の方から先生に「グーグル翻訳の作る文章は不正確なので、グーグル翻訳を使用して作った日本語を娘に渡すのは控えてほしい」と依頼したのでした。。。

いま英作文に悩んだら、とりあえずグーグル翻訳

f:id:tadanomyomyo1:20190522013910p:plain

 算数の文章問題翻訳事件以来、避けるようになっていたGoogle翻訳ですが、かなり正確に翻訳できるようになったことを知ってからは、積極的に使用しています。

  • 学校の先生とEメールでやり取りする際、作文に困ったら
  • オンライン英会話の予習に
  • アパートのさまざまな修理依頼の文章を作るために

日本語で文章を作って英語に変換してみると、そのまま使える文章が出てくることも多いです。

今のグーグル翻訳はすごいですね。今ならば、算数の文章題をそのままGoogle翻訳にかけても、日本語でほぼ正確に伝えられるような気がします。

まとめ

5年前にグーグル翻訳で起こったトラブルと、現在のグーグル翻訳の実力について、私の体験談を通して思うことをまとめてみました。このままグーグル翻訳がどんどん精度を上げていけば、Google翻訳に甘えた状態で世界中を旅をできてしまうかもしれないなあと、想像しています。