ただのみょみょBLOG

アメリカ生活、英語学習、発達障害、ゲームなどなど。

スポンサーリンク

こころの健康とソーシャルディスタンスと STAY AT HOME ORDER

f:id:tadanomyomyo1:20200401221202p:plain


私の住んでいるメリーランド州(アメリカ合衆国内)では、新型コロナウイルスの影響でSTAY AT HOME ORDERが出ました。

STAY AT HOME ORDERの内容と、その命令が出たのちの生活の変化について、そしてソーシャルディスタンスを保つことで感じたことを書いてみようと思います。

STAY AT HOME ORDERについて

f:id:tadanomyomyo1:20200401223005p:plain

 No Maryland resident should be leaving their home unless it is for an essential job or for an essential reason, such as obtaining food or medicine, seeking urgent medical attention, or for other necessary purposes.

メリーランド州の居住者は、食べ物や薬の入手、緊急の医療処置、その他の必要な目的など、本質的な仕事または本質的な理由でない限り、家を出てはなりません。(google翻訳使用)

Governor Larry Hogan - Official Website for the Governor of Maryland

私の地域では、現状こんなことになってます(2020年4月1日現在)。特定の職種の人以外は家になければならない状態です。これを守らなかった場合には、5000ドル以内の罰金または1年以内の禁固刑、というように罰則付き。。。

詳しく見ていくと、外をジョギングしたりウォーキングしたりは許されているし、食事だけでなくお酒などを買いに行くのもOK。そこまで厳しいわけではありません。とはいえ、レストランだけでなくショッピングモールもフィットネスセンターも映画館も閉鎖されました。公園の遊具も使えなくなっています。

ソーシャルディスタンスの重要性はわかっている

f:id:tadanomyomyo1:20200401225455p:plain

新型コロナウイルスは、人から人へ感染します。

人との距離を取ることが、私たちお互いを守るいちばんの手段です。

だから、人が集まるイベントなどを、みんな取りやめているのです。

州が出したガイドラインにも、買い物や外での運動の際には、人との距離をしっかり取るようにと書かれていました。

娘とウォーキングしていて

f:id:tadanomyomyo1:20200401232153p:plain

 学校が閉鎖されてから毎日、私は自閉症を持つ娘を連れて散歩をしています。

ちょうど今は桜の時期。毎日少しずつ開いていく桜を楽しんでいました。雨の日はしずくの光る桜の花を、風の日は散りゆく花びらを、日々変化してゆく姿を見て、匂いをかいでいたのです。

桜の木の周りにはいろいろな種類の鳥がいます。何種類もの鳥たちを見て、鳴き声を聴いて、娘はとても幸せそうにしています。

そんな中、発動したSTAY AT HOME ORDER

きちんと中身を知るまでは、ウォーキングまで禁止されたのかと思い、ヒヤヒヤしました。娘は1日1回外を歩くことで、なんとかこころの健康を保っているように見えたからです。外に出なかった日には、娘は夜にイライラしだし、意味もなく家族に当たり散らすことも。。。という感じで、娘のためにも家族のためにも、娘が散歩をすることはとても重要なことだったりします。

STAY AT HOME ORDERが出たばかりでしたが、昨日も私は娘を連れて、桜を見に出かけました。もう桜は半分以上散ってしまっています。

昨日は外を歩いている人が、いつもと違って本当に少なかったです。3人くらいしか見かけなかったかなあ。

 

そのうち一人の男性(ジョギング中)は、歩道を大きく外れて駐車場の中を走りながら、私たちを抜いていきました。きっと私たちに近寄らないで済むよう、ソーシャルディスタンスを取ってくれたのかな?と思いました。

 

次は、向かい側から女性が歩いてきました。私と娘は、向かい側の女性と接近しないように大きく歩道を外れて、芝生の中を歩き彼女とすれ違いました。

彼女は「Thank you!」と言いながら、ちょっと苦笑しているようにも見えました。そこまで露骨に距離を取らなくとも…、って思ったのでしょうか。。。

 

散歩する時にもできるだけ人と近づかないように気を付けてみたけれど、なんだか露骨に相手を避けるような動きになってしまってちょっと気まずいなあ、なんて思いました。気にしても仕方のないことなのかもしれないけれど・・・。

まとめることなんて何もないけれど

とりあえず、新型コロナウイルスのパンデミックにまつわるSTAY AT HOME ORDERと、それに関する私たちの暮らしについて、ちょっとだけ書いてみました。

早くパンデミックが収まって、安心して外に出られる日が待ち遠しいですねええ。