ただのみょみょBLOG

アメリカ生活、英語学習、発達障害、ゲームなどなど。

スポンサーリンク

オンライン英会話の効果は?1年間レアジョブのレッスンを受けた結果

 

f:id:tadanomyomyo1:20200626222150p:plain

わたしは、2019年3月の終わりにレアジョブに入会しました。だいたい週5ペースで、1日25分のレッスンを、ほぼ丸1年受けました。レッスン総回数は230回になりました。

実際に1年間オンライン英会話を利用して学習を体験してみて、自分にどのような変化があったのか、英語力や英会話力にどれだけ効果があったのか、気づいたことをまとめていきます。

 

 

受講中・受講直後に感じたオンライン英会話の効果

f:id:tadanomyomyo1:20200626225024p:plain

リーディングのスピードが上がった

わたしには難易度の高い英文記事に毎日取り組み続けたおかげで、英文を読むスピードが上がりました。

わたしはTOEICを3回受験しておりますが、毎回リーディング部門は終わらず、最後の部分は塗り絵になってしまっていました。レアジョブの学習を1年間終えてからTOEICの模擬試験問題を解いたとき、時間内にほぼ終えることができました。デイリーニュースアーティクルの記事と格闘し続けたことにより、英文読解の力をつけることができたのは間違いないと思います。

語彙が増えた

やはりデイリーニュースアーティクルのおかげで、語彙も増えました。すぐには覚えられなくとも、繰り返し新しい単語にさらされ続けたおかげで、英文を読むときに単語が分からず詰まる回数が減ったように感じます。英語の小説などを読むときにも、以前よりはすんなり読めるようになった気がします。

自然に英語が出るようになりはじめた

自分が言いたい内容を英語にするための時間が、レアジョブをする前に比べて早くなったと思います。そして、特に何も考えなくても、簡単な内容なら自然に口から出てくるようになりました。

後になって気づいたオンライン英会話の効果

f:id:tadanomyomyo1:20200626225202p:plain

英語の電話が怖くなくなる

これは最近発見したことですが、英語の電話に対する不安が弱まっていました

電話で英語のやり取りすることに強い苦手意識があったので、今までは極力電話を避けて、Eメールを書いたり、直接会って話をしたりしていました。

でも最近、電話で問い合わせたいことが出てきました。オンラインで買った服のサイズが合わなかったため、近くの店舗に返品できるかどうか確認したかったのです。今までなら直接店舗に行ってその場で聞くところですが、このコロナ問題で、不必要に人のいる場所には出たくありません。そこで、電話で返品可能かどうか聞いてみることにしました。

今までなら「電話はいや…」としり込みして、とりあえず店舗に行ってしまいそうなところですが、今回は割と軽い気持ちで電話をかけてみることができました。オンライン英会話で毎日英語を話していたのだから、きっと何とかなる、という自信がついたのだと思います。

自分の英語でなんとかできるという自信

レアジョブをやめた時には、自分の英語力の伸びをほとんど感じられていませんでした。長期間学び続けて受けたスピーキングテストの結果が伸びていなくて、心が折れてしまったのです。「1年も学んだのに、全然スピーキングが伸びなかったのか…」と、ほんのちょっとレアジョブを恨むような気持ちで、退会したのでした。

当時の状況はこちら。

www.tadanomyomyo.net

けれど、やめて3ヶ月近く経ってみて、ふとした時に自分の英語力の成長に気付く機会がありました。

電話が怖くなくなったこと、そしてなんといっても、「自分の英語でなんとかできる自信」がついたことが、レアジョブで学んだいちばんの効果だったと感じています。もともと学校の先生との面談や買い物では困っていなかったけれど、「電話が怖い」、「トラブルが起こった時の対応はムリかも…」など英語に関する不安要素は常に抱えていました。けれど、オンライン英会話で英語を使うこと自体に慣れたので、英語を使う場面に対して不安をあまり感じなくなりました。

1年間の学習を通して自信をつけることができたのは、大きなプラスになったと思います。

オンライン英会話のレアジョブでどんな学習をしてきたのか

f:id:tadanomyomyo1:20200626224504p:plain

はじめの3ヶ月弱は会話教材

レアジョブに入会してからしばらくの期間は、「会話」教材で学習していました。ちなみに現在、会話教材は廃止され「実用英会話」が同じような内容を引き継いでいます。

会話教材では、語彙やフレーズを学んだり、あるトピックについての会話をロールプレイしたりしていました。毎回教材の最後には、与えられたトピックについて自分の言葉で話す部分がありました。トピックトークの内容をその場で組み立てるのは無理だったので、わたしは毎回、前もって文章を作っておきました。

その後9か月はDaily News Article

「デイリーニュースアーティクル」は、レアジョブでいちばん人気の教材です。ニュースの記事にディスカッションの議題がついています。毎日、新しいニュース教材がアップロードされます。現実のニュースを教材化しているので興味深いし、毎日新しいニュースが上がるので飽きることなく学べます。

Twitterでは、レアジョブ学習者がDaily News Articleで学んでいるという話をよくしていました。それを見て、いつかはわたしもニュース教材で学習できるようになりたいなぁ、と思っていました。

実際6月半ばから、わたしはデイリーニュースアーティクルを使うようになりました。ニュース記事はとても難しく、一読しただけでは何を言っているのかよくわかりません。そこで、前もって理解できるまで文章を読み込んで、ディスカッションで話す内容もしっかり文章化しておきました。

難しいけれど「会話教材」よりはずっと面白いと感じ、結局レアジョブを続けている間はほぼ最後までデイリーニュースアーティクルにお世話になり続けていました。

レッスン時間外の学習について

会話教材を使っているころは、トピックトークの内容を前もって文章化しておきました。教材の問いについても、前もって回答を作っておきました。各レッスン前に、30分程度の予習は行っていました。

デイリーニュースを利用しているときには、次の手順で予習をしていました。

  1. 音声教材を聴いて内容をどれだけ理解できるかチェック
  2. ニュース記事を精読
  3. ディスカッションで話す内容を文章化
  4. 音声教材を使ってシャドーイング

これらを全部行って、初めのころは毎日1時間以上予習をしていました。

こちらの記事にも、デイリーニュースアーティクルを使っての学習について書いてあります。

www.tadanomyomyo.net

まとめ

 以上、オンライン英会話のレアジョブで1年間学習してみて、どんな効果があったのかをまとめてみました。

レアジョブには素晴らしい講師がたくさんいて、教材も充実しています。オンライン英会話に興味がある方は、ぜひとも無料体験してみてはいかがでしょうか。